どんなサイト?

このサイトはキャバ嬢「相馬ヤマト」が、日々の業務で疲れ果てたキャバ嬢に癒しやストレス発散法などをご紹介しているキャバ嬢のためのオアシスサイトです。

キャバ嬢の皆さん、毎日のお仕事本っっ当ーーーにお疲れ様です!!

キャバ嬢同士のギスギスした人間関係、過酷なノルマを平気で課す店長、お酒の飲みすぎや昼夜逆転生活で悲鳴を上げる体、寝不足でボロボロのお肌、ゴワゴワの髪、顧客からのお触り、口説き、愚痴などなど・・・。
仕事をしていると「もう嫌だ」と落ち込む事も多いはず・・・。

大きなストレスや疲れを溜め込んだまま無理に仕事をしても、思うように営業成績が伸びなかったり焦りが出てしまいどこかで行き詰ってしまいますよね。

適度な休息や癒しは満足出来る仕事をする上でとても大切な事です。

このサイトでは癒される老舗温泉旅館や癒しスポット、心を軽くする本の紹介、ストレス解消法、悩みの多いキャバ嬢に是非観て欲しい映画など癒しを中心にしてまとめています。
是非参考にしてくださいネッ♪

管理人ってどんな人?

その話題地雷かも?!キャバ嬢が接客時に気を付けたいNG会話4選

キャバクラには毎日色んなお客様がやってきます。
気持ちよく過ごしてもらうためにはマナーやルールもかなり大切ですが、会話の中身も同じくらいに大切です。
お客様を不愉快にさせる会話をしてしまうと、もう二度と来てくれなくなるかも。
会話で気を付けたいのは思い込みや全く根拠のない話、悪口、愚痴など。
キャバクラで気を付けたいNG会話をチェックしましょう。
■参考サイト:キャバ嬢の簡単会話術

キャバ嬢のNG会話①一定年齢以上の男性に対して結婚をしていること前提で会話をする

40歳くらいの男性を見ると、どうしても「結婚している男性かな?」と思ってしまいますよね。
40代くらいになると既婚者の割合も増えてくるので「帰宅するのが遅くなると奥様が不機嫌になりませんか?」「結婚記念日には何か奥様にプレゼントをされましたか?」など、結婚絡みの話題を振る事もあります。

ただ中年男性だからと言って全員結婚しているわけではありません。
独身の方も意外といます。
離婚されて独身に舞い戻る方もいるので、思い込みで会話をすると相手を傷つけてしまったり、不愉快な気分にさせる事もあるんです。

だから、新規客に結婚ネタを振っていい時は左手に結婚指輪をしているなど明らかに「結婚してる」証を身に付けている時だけにしています。
独身である事がコンプレックスの方もいるので、結婚ネタは慎重に。

また、結婚指輪をしている(既婚者)だからといっても、色んな理由で家庭の事を話したがらない方もいるので、結婚やお子さん絡みの会話は馴染みのお客様でないと難しいです。
気心の知れた方だと奥様の悪口や家庭の愚痴を聞いたりしますが、初対面でいきなり家庭の話はしにくいですよね。
もちろん中にはいきなり「うちの鬼嫁が~」と愚痴を言う方もいますので、臨機応変に対処しましょう。

キャバ嬢のNG会話②血液型を聞いて性格判断の会話をする

血液型だけではなく星座占いもそうなのですが、占いには基本的に何の根拠もありません。
A型でも信じられないくらいガサツで適当な性格の知人がいますし、O型でも繊細でナイーブな方もいるはずです。
「A型だから几帳面なんですか?」と聞くのは話の取っ掛かりにはいいかもしれませんし、占いが好きな方には響くのですが、そうでない方には不愉快な会話になってしまうリスク大です。

「A型の方って優しいって言いますよ。〇〇さんも優しいんでしょうね」と相手を持ち上げるための話題作りなら気分もよくなりますが、「B型って気が強くて我儘なんですよね~」とマイナス面を強調されると気分を害しますよね。
さらに「私ってA型なので、B型とは相性最悪なんです」なんて言おうものなら、お客様からすれば「相性の悪い女の子だからチェンジして!」と言いたくなります。

女性は占いの好きな方が多いのですが、男性はあまり占いの話題はピンとこないようです。
占い関連の話題は止めておいた方が良さそう。

キャバ嬢のNG会話③ささいな発言が命とりになる政治と宗教についての会話

先輩キャバ嬢から「政治と宗教、プロ野球の話題は避けた方が良い」と聞いた事があります。
お客様によっては熱狂的に支持している政党やプロ野球球団、宗教法人などがあり、キャバ嬢が下手に批判したり意見を言うと喧嘩になってしまうケースがあるからです。
キャバクラは居心地よく過ごしてもらうのが大事なので、出来るだけ宗教や政治、プロ野球(サッカーなども同様)の話題は避けた方が無難。

もしその系統の話題になったら、キャバ嬢は出来る限り聞き役に徹しましょう。
下手に意見を言うと場の雰囲気が悪くなってしまうケースもあるので、「そうですか、なるほど」など、相手の意見は聞いても「へえ、そうなんですね」くらいの返しでOKです。
意見を求められても「難しい事は分かりません」「〇〇さんのお話を聞いて勉強になりました」と、あくまでも受け身で。

プロ野球などスポーツの場合、お客様と同じ球団が好きなら一緒に盛り上がるのはもちろんOK。ただ自分から「プロ野球の球団のどこが好きですか?」など話題は振らない方が良いです。
同じ球団が好きなのかどうか分からないのですから。

キャバ嬢のNG会話④お客様のグチに便乗して悪口を言うこと

キャバクラではお客様が会社や上司、奥さんの悪口や愚痴を言う事があります。
特に普段から上司や奥さんから抑圧されていると、キャバクラで発散させる方も少なくありません。

そんな時は「毎日大変ですね。お疲れ様です」と労をねぎらってあげたり、「奥さんも酷い事を言いますね」と同調はしても、それ以上深入りは禁物。
「最悪な奥さんですね。結婚したのが間違いですよ」と言われると、「何でキャバ嬢からそこまで言われなきゃならないんだよ」とムカッとしてしまいますね。

またお客様の愚痴に便乗して、「部下の気持ちが分からない上司がいると本当に大変ですよね!私もこの店の店長からパワハラ受けてまして、ストレス感じてます~~」など、お店の悪口をお店で言うのは最悪です。

誰がどこで聞いているのかわかりませんから、人の悪口は言わないようにしてください。
悪口は回り回って自分の首を絞めることになりますよ・・・。